魔物娘図鑑TOPへ

<<ガンダルヴァ 【大き目の挿絵を表示】 【大き目の文章を表示】 ケット・シー>>



補足説明:
「愛の女神「エロス」」
愛を司る中級神で、立場は中立。人間や魔物の持つ愛情を尊く、美しいものであるとし、
愛し合う異性達を祝福し、永遠の愛を約束する神である。
だが、愛情を裏切る事にには厳しく、時として、不貞を働いた者には
「誰からも愛されなくなる」などの罰を与える事もあるという。
人間の男性への愛に溢れる魔物達には強く共感しており、魔物達に加護を与える事も多く、
その教義から人間、魔物問わず、多くの信者が存在する。

善行を積んだ男性の元に、妻として部下の天使を派遣し、男性に愛情と快楽を与えたり、
エロス神の信者の魔物達が、勇者や聖人を試練と称して誘惑する事もあり、
魔物の信者が多いだけではなく、まるで魔物に近しい行為も多い。
しかしながら、教団からは不信は買ってはいるものの、邪教として扱われてはおらず、教団勢力下でも認められた宗教となっている。
(※書籍版「魔物娘図鑑、ワールドガイド1 堕落の乙女達」 p.66参照)

「不老と美貌の霊薬「アムリタ」」
愛の女神が上位の神々の命を受けて作り出したされている霊薬。
海の一部に愛の女神の魔力と、様々な魔力をかき混ぜて作られたものであるとされており、
アプサラスはその製造段階で生まれた副産物である。
その効能は飲んだ者に永遠の若さと美しさを与え、その力を全盛期の状態で保つというものである。
アプサラスの纏うミルクはそれと似たものであるが、本体のアムリタ程の力は無い。
しかしながら、魔物の魔力により変質しており、飲んだ者の若さと美貌を保ち、
若々しい活力と共に、「全盛期」の最も盛っていた年頃の旺盛な性欲を与えるものとなっている。

アプサラス被害報告-投稿小説



■このページへのコメント

2018/06/05 09:08:49
うっほとんど透けてるじゃないか…これは出さなくては
2015/03/23 17:47:46
彼女の足舐めたい!!!
2015/03/16 02:49:04
愛など粘膜が生み出す幻想に過ぎん!(SEXしながら)
2015/03/12 05:29:59
↓いやよくわかったな
文字化けして萎えた

2015/03/03 22:39:10
↓マキブのあれか?
2015/03/02 22:32:44
枝?澎L('??')???O??('??')?v 枝?澎( ◜◡‾)式祝炬蹟?
( ☝ ՞ਊ ՞) ☝ 鋪?盆?wwww 蟹?F?F?F?F? wwwwww

2015/03/01 17:34:09
>「冤罪」や「奸計」に嵌められた場合は如何なる?

ハニートラップにひっかかったんなら自業自得
薬盛られてもあの世界の「そういった効果」ある薬品って軒並み飲んだら即魔物化しそうだからなぁ
なによりご都合主義の図鑑世界だし
旧魔王時代ならいざ知らず新魔王時代の愛の女神信者が不貞する訳がないわな

2015/03/01 02:18:03
>「冤罪」や「奸計」に嵌められた場合は如何なる?
普通に考えれば神様が冤罪かどうかわからないなんて事あるわけないでしょうに…

2015/02/28 23:43:21
○ロー:ア○ナ、好きだァ!
2015/02/28 22:15:48
褐色、踊り子、巨乳、ミルク・・・うっ、鼻血が


愛の女神「エロス」の『誰からも愛されなくなる罰』が気になる・・・
不貞は確かに許されざるが、
「冤罪」や「奸計」に嵌められた場合は如何なる?

2015/02/27 15:32:10
やはり鉄の子宮なんかより生の子宮だよな
2015/02/27 08:05:40
健康クロスさん
ジパング地方の嫉妬深い女の子たちも描いてくださいませ

2015/02/27 03:33:57
二つの震える山…
2015/02/26 17:22:11
ギニアスも鉄の子宮じゃなくて此方のアプサラスに乗っていたら人生観がマシだったろうに。
2015/02/24 15:34:32
褐色モンスター続きでうれしいんじゃあ〜
2015/02/24 09:27:19
ドストライク!!
ロリと大人の中間くらいのバージョンだったら更にっ……!

2015/02/23 23:26:27
戦争屋風情がッ!
2015/02/23 23:25:30
ふん、間に合うものか…
2015/02/23 18:26:06
幼い!!幼いアプサラスっ!!!
2015/02/23 13:31:43
俺の180mmキャノンの真価を見せてやる!



■このページにコメントする (C) コメントBBS

ハンドルネーム
メールアドレス
Webサイトアドレス
コメント(20改行以内)
Cookieに保存しない  


魔物娘図鑑TOPへ

(c)Copyright 2004- 健康クロス 本館:クロビネガ